Posted in 学校関係 Leave a Comment

「人になれ、奉仕せよ」というキリスト教の建学の精神に基づき、学校を展開している関東学院高校ではカウンセリングセンターを設けています

関東学院高校のカウンセリングセンターは校舎の特別教室に配置されておらず、校舎が密集しているエリアの一角に佇んでいるため、悩みを抱えている生徒や教師が気軽に訪問できるのが特徴的です。

1960年に開設されおり、まだカウンセリングに対する認識が甘かった当時の日本においてまさに先駆けとなる関東学院高校のカウンセリングのための施設は男女2名のカウンセラーが在籍しており、生徒と保護者の相談を主に受け付けています。

学校という特殊な環境だからこそ生じる人間関係のこじれに勉強に対するストレス、将来の不安といった生徒の悩みに自分の子供との接し方や子育ての不安、さらには進路に関して苦しんでいる保護者のために存在しているカウンセリングセンターは話し合いを通して限りないサポートをするのがモットーです。

カウンセラーに話すだけでもそうする事で気づく問題やあり方などがあり、そもそも逃げずに抱え込んでいる時点で向き合おうという姿勢がある生徒の成長の手助けをせずにはセンターの在り方に関わります。

問題なのは1人で抱え込んでしまう事で、その場合は最悪精神が破綻してしまってもおかしくはないです。

ストレスとは心身ともに傷つける原因であるため、もしも学校生活で悩みがあるなら是非利用してほしい施設であります。